銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ファンドオブファンズ(FOF、Fund of Funds)とは

ファンドオブファンズとは、複数の投資信託を投資対象とする投資信託のことです。
通常の投資信託は株や債券などに投資しますが、ファンドオブファンズは複数の投資信託が投資対象です。投資信託に投資する投資信託、という意味からファンドオブファンズと呼ばれています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

「ファンド・オブ・ファンズ」とは、複数の投資信託を組み入れる投資信託のことです。一般的な投資信託は、複数の株式や債券を買いますが、「ファンド・オブ・ファンズ」は複数の投資信託を買い付けています。

 「ファンド・オブ・ファンズ」の長所として運用の安定性を高める効果があります。一般に投資信託は複数の株式や債券を買うことで運用の安定性を高めていますが、「ファンド・オブ・ファンズ」は既に複数の株式や複数の債券を買った投資信託をいくつも買うことになるので、分散効果が効いて運用の安定性がさらに高まります。また、いろいろな運用会社の投資信託を買い付けることができるため、債券運用を得意とするA社の投資信託と、株式運用を得意とするB社の投資信託を組み合わせることもできるのです。

 ただその一方で、「費用」には注意が必要です。「ファンド・オブ・ファンズ」を買うということは、実質的に投資信託を二重に購入するということになるからです。そのため、信託報酬が一般の投資信託よりやや割高になる傾向があるのです。投資信託説明書には、「実質的な信託報酬率」が書かれていますので、購入前の確認が必要です。

(出典 モーニングスターホームページ)

 

運用機関が、複数の投資信託を適切に組み合わせて、一つの投資信託にまとめたもの。

利点としては、もともとそれぞれの運用方針に基づき分散投資されている投資信託を多数組み合わせることで、より広範囲な分散を実現してリスクを抑えることができる点と、もともと付加価値のある投資信託を組み合わせることで、それぞれの付加価値を統合することができることなどがあげられる。

代表的なものとして、各投資信託への投資パターンを低リスク型(安定型)、中リスク型、高リスク型(成長型)といったように、特定のリスクを取るように設計されたライフスタイルファンド(またはライフストラテジーファンド)や、高リスクから低リスクへの資産配分の変化を時間(年齢)の経過と関連付けて自動的に調整していくライフスタイルファンドなどがあり、ともに確定拠出年金の運用対象としても注目されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

複数の投資信託へ投資する「外部委託型投資信託」です。一般的に投資信託は、投資家から集めた資金を直接証券市場等で運用しますが、ファンド・オブ・ファンズでは、既存の複数のファンドに投資し、それぞれのファンドから得られる投資成果を投資家に還元します。
ファンド・オブ・ファンズのメリットとしては、(1)複数のファンドに投資するためリスクが分散される、(2)株や債券等得意分野の異なるファンドマネジャーの運用力を活用できる、(3)当初の資産残高が小さくてもほかの大型投信に投資することで規模の利益が得られること等があります。
ファンド・オブ・ファンズでは、各ファンドへの資産配分を変えることによって安定運用や積極運用等、投資家の資金性格に応じた運用が可能になります。代表的なものにライフサイクルファンドなどがありますが、米国においては、すでに確定拠出年金の有力な受け皿商品となっています。日本においても、2001年10月に導入された確定拠出年金制度(日本版401k)の運用商品として注目されています。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

複数のファンドを集めてひとつの投資信託の形にしたもの。
世界のさまざまな資産(アセット)に分散投資する際に、それぞれの分野に強みを持つ運用会社のファンドに投資することで高い運用リターンを目指します。

(出典 大和証券ホームページ)

 

ファンドオブファンズとは、二つ以上の投資信託を適切に組み合わせてひとつのファンドにまとめたものです。この金融商品のメリットには、複数の投資信託に投資するので、リスクが分散されるということが挙げられます。ファンドオブファンズには、自社で運用しているファンドが投資の対象になる場合もあれば、他社の運用するファンドが投資の対象になる場合もあります。また、自社と他社のファンドを混合させて、運用することも可能です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

J-REITにおいては、各銘柄をパッケージにした投資信託のことをいう。銘柄により決算期の異なるJ-REITの場合、毎月分配型の商品が多い。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)