銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

マスターリース契約とは

商業用不動産を賃貸する場合に、建物を一括して賃貸し、その賃借人が実際の賃借人にさらに賃貸する方法がある。マスターリースは、この場合の一括の賃貸借をいう。また、マスターリースによって賃借した者が実際の賃借人に賃貸することを「サブリース」という。

マスターリースによって、不動産所有者は賃貸業務をアウトソーシングし、賃借人はサブリースによって不動産の賃貸経営を行なうことになる。

なお、不動産の証券化において、もとの不動産産所有者(オリジネーター)が証券化の対象となる不動産(所有権はオリジネーターから信託会社、特定目的会社などに移転する)をそのまま賃借することもマスターリースである。

(出典 みずほ不動産販売ホームページ)

 

サブリース(転貸)を前提として、不動産所有者から建物又は土地を一括で賃借する契約のこと。通常、転貸人がその不動産には入居せず、物件を一括賃借し、エンドテナントに転貸する。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)

 

マスターリースとは、不動産会社が、建物を一括して借り上げる賃貸借契約。

(出典 ダイワロイヤルホームページ)

 

賃貸借契約において所有者から賃借し、さらにテナントにサブリース契約を行なう場合に、もとの賃貸借をマスター・リース契約と言う。

(出典 東建コーポレーションホームページ)