銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

変動賃料(歩合賃料)とは

入居しているテナントの営業成績によって賃料が変わる賃貸借契約のこと。貸主が営業成績を把握しやすい店舗での契約で利用される場合が多い。

(出典 大和不動産鑑定ホームページ)

 

歩合賃料とは・・・オフィスの賃料とは異なり、主に商業施設で適用される賃料の計算方法。使用面積単位に設定される固定の賃料に加えて、基準とした売上高を超えた売上に比例して計算される賃料の合計が歩合賃料となる。歩合賃料と基準売上高は、立地、店舗の形態により異なる。

(出典 CBREホームページ)

 

変動賃料とは、予め決められた契約により、店舗の売上等に応じて変動する賃料のことを言います。
また、この変動賃料は、完全歩合賃料と最低保証賃料に区分けすることができます。

(出典 日本リテールファンド投資法人ホームページ)