銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アーニングサプライズ(Earnings Surprise)とは

英語表記はEarnings Surprise。企業が、新技術情報や新商品情報、業務提携や決算予想などの経営情報を発表すると、株価は通常なんらかの反応をする。
その情報が、特にこれまで市場では認識されていない情報であれば、株価は大きく反応する。
このように、予想されていなかった情報に対する株価の反応を、「アーニングサプライズ」と呼ぶ。株価の上昇要因の場合はポジティブサプライズ、下落要因の場合はネガティブサプライズという。

(出典 野村證券ホームページ)

 

アーニングサプライズ(Earnings Surprise)とは、予想されていなかった情報に対しての株価の反応のことを言います。上場企業が投資家に対して開示した新技術や新商品の情報、また業務提携や決算予想などの経営情報などに株価が大きく上下することはアーニングサプライズに該当します。情報を公開した後に、株価が上昇する要因となった場合はポジティブサプライズ、逆に株価が下落する要因となった場合はネガティブサプライズと呼ばれます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

企業が発表する新技術情報や新商品情報、業務提携や決算予想などの情報が市場に織り込まれていない状態で公表され、株価に大きな影響を及ぼす事象のことです。
例えば、決算予想の修正が市場予想を大きく上回る(下回る)場合などがこれにあたります。株価にポジティブな影響を及ぼす場合、ポジティブサプライズ、ネガティブな影響を及ぼす場合、ネガティブサプライズと呼びます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)