銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アービトラージャーとは

アービトラージャーとは、アービトラージ(サヤ取引)を専門に行う投資家のことです。アービトラージ取引とは、同じ商品等で異なる市場間で価格差がある場合、その価格差を利用して利益を得る取引のことを言います。例えば、先物と現物で価格差があれば高いほうを売り、安いほうを買うことで、その価格差分の利益が得られます。理論的には、先物と現物の価格は収束するはずなので、2つの価格差が広がったところでポジションを取り、縮まったところで反対売買をすれば、利益が得られます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

サヤ取り業者のことです。サヤ取りとは、旧株と新株の間で値段が開いている場合、高い方を売り、安い方を買って利益をとる行為、または、同一の銘柄で、より低い価格で買付け、より高い値段で売って利益を得ることをいいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)