銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

IR(Investors Relations) とは

投資家向け広報企業から株主や投資家へ財務状況やその他企業の動きをディスクローズしたり、その企業が発行する株式の投資価値を訴えるなど、投資家に企業活動全体への理解度を深めてもらうことを目的とした活動のこと。IR活動の一環として、IR専任部署を設けたり、会社ホームページにIR専用のサイトを開設する企業が増加している。株式を上場(公開)している企業は、法律や証券取引所の規制により、株主や投資家に対し、投資判断に必要な企業情報(有価証券報告書や決算短信、適時開示資料)を公表する義務があります。さらに、こうした規制の枠を超えて企業が自主的に情報提供を行なう活動を含めて、IR活動と呼びます。たとえば、前期業績の詳細な内容と今期の見通し・中期経営計画の概要・進捗状況など、経営陣から直接話す決算説明会、工場・施設見学会、会社ホームページでの投資家向け情報の充実、E-mailによる情報配信、外国人投資家向けアニュアルレポートの発行などがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

IRとは、企業が株主などの投資家に対して行う情報提供などの広報活動。インベスター・リレーションズ。

IR活動として代表的なものは、決算発表後の説明会やアニュアルレポート発行がある。決算は過去の財務結果を報告するのに対して、IRでは将来の投資判断の材料に必要な要素が全て求められる。例えば、決算結果に対して業績が目標値から乖離したならその理由や要因の説明、また中期計画、経営ビジョンなど今後の経営戦略についての説明が必要である。

IRが通常のPRと異なるのは、PRがその企業にとってポジティブな情報のみを基本的に流すことに対して、IRはポジティブな情報だけでなくネガティブな情報も積極的に開示することが必要な点である。投資家の判断材料としてネガティブ要因は重要な意味合いがあるからである。一方で、求められるものは全て開示すれば良いというものではなく、ポジティブな内容にしろ、ネガティブな内容にしろ、何を開示し何を開示しないかという点も戦略的に考える必要がある。

IR活動の対象は、従来、機関投資家や企業の投資担当者、アナリスト、報道関係者などいわゆるプロが対象であったが、エンジェル(個人投資家)の存在が大きくなってきている昨今、対象を広げたIR活動も求められている。例えば、個人投資家も参加可能な企業説明会の開催、さらに説明会に直接参加できない個人投資家向けにWEB上で説明会資料の公開や説明会のビデオ中継や画像配信を行うなど、ITをIR活動に活用している企業も増えてきている。現在、IRサイトを持つ企業はすでに千社を超え、その1/4ほどは決算説明会を動画で配信している。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

IR(Investor Relations:インベスター・リレーションズ)とは、企業が株主や投資家向けに経営状態や財務状況、業績の実績・今後の見通しなどを広報するための活動を指します。具体的な活動としては、ホームページ上における情報開示だけでなく、ディスクロージャー資料の送付や、決算説明会や各種説明会を開催したり、工場や施設などの見学会を実施したりするなど、企業によっては独自のIR活動を行っているところもあります。日本では、1990年代後半あたりから積極的にIRに取り組む企業が増えてきました。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)