銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ROA(Return On Asset)とは

ROAとは、Return On Assetの略称で和訳は総資産利益率。利益を総資産(総資本)で除したもので表される総合的な収益性を示す指標です。売上高利益率×総資産(総資本)回転率でも計算できます。利益には営業利益、経常利益、当期純利益などの値が使われます。この指標から企業に投下された総資産(総資本)が利益獲得のためにどれほど効率よく利用されたかを見ることができます。ROAを高めるとはコストの削減による利益率の改善、売上高増加による回転率の上昇などにより実現されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

Return On Assetの略称で和訳は総資産利益率。利益を総資産(総資本)で除した、総合的な収益性の財務指標である。

企業に投下された総資産(総資本)が、利益獲得のためにどれほど効率的に利用されているかを表す。分子の利益は、営業利益、経常利益、当期利益(当期純利益)などが使われ、総資産(総資本)営業利益率、総資本(総資産)経常利益率、総資本(総資産)純利益率、とそれぞれ定義される。

したがって、総資産(総資本)利益率を高めることは、利益率の改善(費用・コストの削減)又は回転率の上昇(売上高の増加)によって実現される。実際の会計では、総資本を総資産として把握することが多い。

米国では、企業の収益性を判定するのに総資産利益率(収益率)=ROA、ないしは株主資本利益率=ROEがよく用いられる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ROA(総資産利益率)とは、どれだけの資産(つまり総資産)を使って、どれだけの利益を上げているかを示す指標。


ROA = 経常利益 ÷ 総資産

 

計算式中の分子の「利益」としては、会社の財務活動も含めた通常の活動から得られた利益を表す経常利益、もしくは財務活動を切り離した支払利息控除前経常利益を使用する(支払利息控除前経常利益を用いるのは、貸借対照表(B/S)の上の「資金の調達源泉」については無視し、純粋にどれだけの資産を使ってどれだけの利益を生み出したかを把握するためである)。

ROAは、以下のように2つの比率に分解することができる。

ROA =(利益÷売上高)×(売上高÷総資産)= 売上高利益率 × 総資産回転率

 

ここから、ROAを上げるためには、売上高利益率あるいは総資産回転率を向上させる必要があることがわかる。ただし、一般的にはこの両者はトレードオフ(一方が向上すると、もう一方が低下する)の関係にあると言われており、どちらを重視するかの選択を慎重に行わなくてはならない。

なお日本では、同業種で規模、売上高、利益が同じである場合、歴史が古い会社の方がROAが高くなる傾向がある。これは、土地などが貸借対照表上は取得金額で記載されていることが多いため、ROAの計算式の分母を過小評価することになるからである。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

ROAは、企業の所有する総資産に対してどれだけのリターンがあったのかを示した値です。利益を総資産で割った比率で表されます。利益には様々な利益が使われますが、ROAは、調達資本の資本構成の影響を可能な限り除いた上で収益性を評価することが望ましいため、経常利益に支払利息を足し戻したものを使うことがふさわしいと考えられます。競争力の源泉がブランド、営業力など資産に反映されない企業、業界の場合には、指標の重要性が小さくなることに注意が必要です。

(出典 野村総合研究所ホームページ)