銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アク抜けとは

悪材料が出尽くして株価が下げ止まった状態のこと。昨日発表した連結決算は大幅減収減益となり、売上高は前期比25%減、営業赤字も前期より40%増える厳しい内容となった。だが、悪材料が出つくしたということで同社の株価はようやく反発、アク抜けとなったようだ。粉飾決算などの悪材料が出て、株価の下落に歯止めがかからないことがあります。まるで底が抜けたように株価は落ちていきますが、行き着くところまで下げたら株価は下げ止まります。株価がこれ以上下げないとなった時点が「アク抜け」となります。いつまでも上昇し続ける株がないように、下がり続ける株もありません。どんな悪材料が出たとしても、どこかで下げ止まるもので、「アク抜け」時点を底に株価は回復に向かう場合もあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株価下落の要因になっていた悪材料が出尽くして、下げ続けていた株価が一段落し、安定すること。あく抜け後は株価が回復に向かうのが一般的である。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

株価下落の要因になっていた悪材料が出尽くして、下げ続けていた株価が一段落し安定することです。あく抜け後は株価が回復に向かうのが一般的です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)