銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

あく抜けとは

あく抜けとは、株価を下げるような悪い材料が出た場合に、株価が下落していきますが、悪い材料が出尽くしたときに下落していた株価に歯止めがかかることをいいます。野菜や肉などを煮込んだときにあくが出ますが、煮込み続けるとあくが出なくなってきます。これを証券用語にしたものです。あく抜けをした後の相場は一般的には穏やかになり、上昇トレンドに向かう傾向があります。経済指標が出てあく抜き感が出たというような使い方がされる場合もあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)