銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

悪材料とは

相場全体や個々の株価が下がる要因となる出来事や事情、予測などをいう。日経平均株価は、米国雇用統計での失業率の増加や非農業部門の雇用者数が市場予想に達しないという結果を受けいったん下振れたものの、悪材料出つくしという見方が広がり、前日比プラスで終了した。個別企業では業績下方修正や不祥事、工場での事故、刑事事件、経営陣の内紛など、相場全体では米国雇用統計等のマクロ経済指標の予想外の悪化、FRB議長等の負のサプライズ発言、地政学的リスクなど、さまざまな要因(出来事)が「悪材料」となります。ただし、つねに悪材料によって株価が下がるわけではありません。例えば、企業決算やマクロ経済指標など事前に公表予定がわかっていて、専門家たちの市場コンセンサス予想に対し下振れた場合には悪材料として株価は売り込まれ、業績や経済指標が悪くともコンセンサス予想より上振れた場合、悪材料出つくしとして株価は上昇することもあります。つまり、悪材料を市場がどれだけ株価に織り込んでいるかがポイントとなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場が下落する要因となる事実や出来事のこと。
これらすべてが出尽くして、株価が反騰し始めた場合、「悪材料出尽くし」と表現されることもあります。「弱材料」「売り材料」も同様の意味です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

株価や相場を動かす原因のうち、価格の下落要因となる出来事・事情・情報などのこと。同義語として「売り材料」、「弱材料」、「押し下げ材料」などがある。一方、相場の上昇要因のことを「好材料」、「買い材料」、「強材料」、「押し上げ材料」と呼ぶ。悪材料が出尽くして相場下落に歯止めがかかることを「あく抜け」という。

(出典 野村證券ホームページ)