銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アクティブリターンとは

ポートフォリオのリターンとベンチマークのリターンとの差。アクティブ運用部分のリターンに相当し、超過リターン、超過収益率とも呼ばれる。

アクティブリターンの標準偏差をとった値がトラッキングエラーとなる。インフォメーションレシオ導出の際にも用いられる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ファンドやポートフォリオのベンチマークのリターンを上回る部分のこと。
「超過収益率」「超過リターン」ともいいます。アクティブリターンのボラティリティー(標準偏差)をトラッキング・エラーといい、ファンドの運用成績を評価する尺度のひとつであるインフォメーション・レシオを計算する際に用います。

(出典 大和証券ホームページ)

 

アクティブリターンによって利益を大幅に稼ぐことが出来ます。ベンチマークと比べて大きな数値を記録していれば、アクティブリターンがプラスになりベンチマークより下回っていればマイナスになります。数値は基本的に大きければ大きいほど効果を発揮することが出来ます。運用評価手法の一種なので、実際の値よりずれることもありますがデータに対する信頼度は比較的高いです。先物取引ではこの数値に気を使いながら取引を行います。

(出典 東海東京証券ホームページ)