銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

赤三兵とは

酒田五法(=酒田ケイ線)(三山、三川、三空、三兵、三法)の中の三兵のひとつで、三兵とは、陰線が3本または陽線が3本、並行して同一方向に向かって現れることをいう。

三兵には、赤三兵と黒三兵があり、赤三兵は、陽線が3本、黒三兵は陰線が3本、連続で同一方向に向かっている状態を指す。赤三兵は高寄りしないが、終値がいつもよりも切り上げている形が特徴。強気の相場で現れることも多いため、買いシグナルの可能性を示す一方、3本目の陰線の形によっては、天井が近付いているサインの「赤三兵先詰まり」として現れることもある。

赤三兵の「赤」は、かつてチャート(ローソク足)の陽線を赤で示していたことに由来すると言われる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

赤三兵とは江戸時代の相場師、本間宗久によって編み出された酒田五法のひとつです。この赤三兵はローソク足で見られ、3本の陽線が並び、それぞれ下値と高値を切り上げている状態を指します。この状態がローソク足で見られた場合には、強い買いシグナルとされています。また、それぞれの陽線に上ヒゲがない状態なら更に強い買いシグナルとされ、ローソク足で相場を見る方にとっては人気のある判断方法のひとつでもあります。この赤三兵の赤は昔、陽線を赤で示していたことに由来すると言われています。

(出典 東海東京証券ホームページ)