銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

相対売買とは

取引所外取引のひとつで、売買をする当事者間で数量・価格・決済方法を決めて行う取引方法。

証券会社が投資家から売買注文を受けた場合には、証券会社自らが直接、売買の相手方となって取引を成立させることなどをいう。委託売買に対する言葉。

大口の株式取引、外貨預金における為替取引、外国為替証拠金取引(FX)などで利用されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

相対売買とは、売りと買いの注文を取引所を通さずに当事者同士で取引を行うことを意味します。数量や価格、決済方法などを協議の上取り決めて売買することになり、主に大口の顧客に対して証券会社が自らその注文を受ける形で行われることが多いものです。通常のように市場に注文を出すと、その量の多さから価格に影響を与えることになり、想定している価格よりも高く買ったり安く売ることにつながるのを避ける目的があるものとなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)