銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

相対取引とは

売り手と買い手が当事者間で交渉し、値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法。相対取引である店頭FX取引では、手数料の無料化、スプレッドの縮小、取り扱い通貨ペアのラインナップなど、顧客(個人投資家)の獲得に向けサービス競争に拍車がかかっている。企業の創業一族、機関投資家などの大株主が、一度に大量の保有株を売却ないし購入する際、市場の株価に影響を及ぼすのを極力避けるため、市場の取引時間外に株式の売買を行なうことがあります(時間外取引)。事前に売り手と買い手が決まっており、1対1の関係で株数、価格、期日を決めて売買を行なう取引を相対取引と呼びます。ちなみに、市場を通さない売買方法が相対取引ということからすれば、非公開株式の売買は全て相対取引ですし、取引所取引ではない証券会社と顧客が相対で直接取引する店頭FX(外国為替取引)も相対取引(店頭取引)になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

証券取引所などの市場を通さずに、売り手と買い手が当事者同士で価格や売買数量などを決めて行う取引のことです。例えば大口の株式取引の場合、マーケットを介して売買を行うと株価が大きく変動する可能性がありますが、相対取引であれば価格変動リスクを排除したうえで、当事者同士があらかじめ決めた価格で取引が成立します。相対売買(あいたいばいばい)と呼ばれることもあります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)