銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ISM製造業景況感指数とは

全米供給管理協会(ISM=Institute for Supply Management)が算出する製造業の景況感を示す指数のひとつ。旧NAPM指数。毎月発表される米国の主要指標の中で最も早い毎月第1営業日に発表され、「ISM非製造業景況感指数(毎月第3営業日発表)」とともに、米国の景気先行指標として注目されている。

製造業(300社以上)の購買・供給管理責任者を対象に、各企業の受注や生産、価格など10項目についてアンケート調査を実施。「良くなっている」、「同じ」、「悪くなっている」の三者択一の回答結果を集計し、季節調整を加えた新規受注・生産・雇用・入荷遅延・在庫の5つの指数をもとに、ISM製造業景況感の総合指数を算出する。

日本の日銀短観と類似する統計で、日銀短観がゼロを分岐点とし、+(プラス)、−(マイナス)で表すのに対し、ISM製造業景況感指数は0から100までのパーセンテージで表す。50%を景気の拡大・後退の分岐点とし、50%を上回ると景気拡大、50%を下回ると景気後退を示す。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ISM指数というものがあります。ISMとはInstitute for Supply Managementの略称のことで、全米供給管理協会が公表している、企業に対し受注残や生産状況、在庫状況の前月と比べた変化をアンケートし、その結果を指数化したものをISM指数と呼びます。これの製造業指数をISM製造業景況感指数といいます。最新の状況を表しており、精度も良いので信頼度の高いものになっています。数値が50%を上回れば景気拡大、50%を下回ると景気後退と判断されるのが一般的です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

ISM(Institute for Supply Management)製造業景況感指数(Manufacturing Report on Business)とは、全米供給管理協会(ISM)が公表しているアメリカの製造業の景況感を示す指数のことをいいます。300を超える製造業企業に対して「新規受注、生産、雇用、入荷状況、在庫」といった項目に関するアンケートを実施して、回答結果から指数を算出しています。最新の状況を表し、しかも精度が高いとして信頼度も高いものになっています。一般に、数値が50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退と判断されます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ) 

 

ISM製造業景況指数(ISM Manufacturing Report On Business)は、全米の製造業の300人以上の購買・供給管理の役員に、生産、新規受注、在庫、価格、雇用などの項目について、前月と比較し、「良い」、「変わらず」、「悪い」から選択してもらい、結果をパーセンテージで表したもの。50%が景気判断の分岐点となっており、50%を上回ると製造業の景況が良く、50%を下回ると悪化していることを示している。 毎月第一営業日に前月の調査結果が発表されることから、米国の主要経済指標の中で最も早く、速報性に優れており、注目度の高い指標と言える。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

全米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が企業の購買担当者へのアンケートを基に作成する製造業および非製造業における景況感を示す指数。
製造業は翌月第1営業日、非製造業は第3営業日に発表されることから、景気の先行指標として注目されています。日本では同様の指標として日銀短観があります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が製造業約350社の仕入れ担当役員にアンケート調査を実施して発表される、景気転換の先行指標と言われています。

(出典 Yahooファイナンスホームページ)