銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

RCI(Rank Correlation Index)とは

RCIとは“Rank Correlation Index”の略です。日本語でいうと「順位相関係数」となります。
日付(時間)と価格それぞれに順位をつけることによって、両者にどれだけの相関関係があるのかを計算し、相場のトレンドとその勢い、過熱感を知ることができます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

RCIとは、Rank Correlation Indexの略で、テクニカル分析の指標のひとつです。日本語では、総資本利益率と言います。RCIは一定の計算式から求める事ができる指標で、0から100までの数字で表す事ができます。RCIが0に近いほど株価が割安になり、100に近いほど割高になります。0に近ければ買い時になり、100に近いと売り時になり、この指標は、他の指標に比べると優れている指標になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

RCIは順位相関係数とも呼ばれ、通貨ペアの時間の推移と価格の水準それぞれに順位をつけ、その相関関係を見ることにより、割高あるいは割安を判断する指標です(モメンタム系オシレーター)。期間が手前になれば順位が高く(数値は低い)、価格が高くなれば同様に順位が高く(数値は低い)なります。例えば、期間中継続して終値が高く引けるようであると、RCIは+100に近づいていきます。他方、期間中継続して終値が安く引けるようであると、RCIは-100に近づいていきます。

(出典 楽天証券ホームページ)