銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ROE(Return On Equity) とは

自己資本利益率投資家が投資した資本を「元手」として、1年間でどれだけの利益をあげたかを表す。ROE=1株当たり利益(EPS)÷1株当たり純資産(BPS)第2次中期経営計画における数値目標として、次年度経常利益1000億円以上、ROE10%以上などを決議する。ROEは、欧米などの外国人投資家が重要視している財務指標です。ROEが高い企業は、効率的な経営をしており、低ければ非効率と判断され、ROE次第で企業の株価に大きな差が出てきます。日本企業の株主構成において、海外投資家の占める比率は上昇しており、つれて日本の経営者も「ROEを意識した経営」を行なうようになってきました。2014年運用開始の株式指数「JPX日経インデックス400」は、採用銘柄の重要な基準として、高いROEが条件となっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

Return On Equityの略称で和訳は自己資本利益率。企業の自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合。
計算式はROE=当期純利益÷自己資本またはROE=EPS(一株当たり利益)÷BPS(一株当たり純資産)。
米国では株主構成に機関投資家が増加し、これらの投資家が「投下した資本に対し、企業がどれだけの利潤を上げられるのか」という点を重視したことも背景となって、最も重要視される財務指標となった。

企業は、株主資本(自己資本)と他人資本(負債)を投下して事業を行い、そこから得られた収益の中から、他人資本には利子を支払い、税金を差し引いて最後に残った税引利益が株主に帰属する。したがって、自己資本利益率は、株主の持分に対する投資収益率を表すことになる。
そのため、経営者が株主に対して果たすべき責務を表した指標と見ることができる。また、それは株主に帰属する配当可能利益の源泉となるものであり、配当能力を測定する指標として使われる。自己資本収益率は株式の投資尺度としても重要である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

英語表記「Return On Equity」の略で「自己資本利益率」のこと。
自己資本に対する純利益の割合で、株主の投資額に対してどれくらいの利益を生み出しているかを示す指標です。計算式は、当期の純利益を、前期と当期の自己資本の平均値で除したものですが、計算に際しては自己資本のうち新株予約権と少数株主持ち分は含みません。以前は、「株主資本利益率」と呼ばれていましたが、2006年の会社法施行および会計基準の変更などにより、「株主資本」と「自己資本」が異なるものだと定義付けされたため、現在は「自己資本利益率」が正しい呼び名とされています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

株主資本(注)に対する当期純利益の割合を株主資本利益率(Return on Equity)といいます。

(注)ここで使用される「株主資本」とは、貸借対照表上の「純資産の部」から少数株主持分および新株予約権等を除去した金額、つまり「自己資本」(株主持分)のことをいいます。

会社が事業活動に使用する総資本は、株主が出資した株主資本(自己資本)と銀行からの借入金や社債による調達分等の他人資本に分かれます。株主資本は資本金をはじめ法定準備金や剰余金等の合計ですが株主の持ち分でもあります。これを会社がどれだけ効率的に使用し、利益を挙げたかを判断するわけです。

株主にとってみれば、自分たちの投資資金が上手に使われて、採算がとれているかどうかという指標にもなります。例えば、市中の年間金利が2%のときROE が1%なら、採算がとれているとはいいにくいでしょう。その会社への投資資金を全部1年ものの預金で運用すれば2%の利息が入るからです。少なくともその時期の市中金利より高い投資採算を挙げなくてはなりません。したがって、経営者にとっては会社運営の成績ともなる指標です。

ROE=(当期純利益/株主資本)です。分子分母を発行済株式数で割れば、(1株当たり利益/1株当たり株主資本)になります。株価収益率PERは(株価/1株当たり利益)です。したがって、ROE×PER=(株価/1株当たり株主資本)になり、これは株価純資産倍率PBRです。ですからPBRが低く、株主資本に対する株価の評価が低い会社は、ROEが低いかPERが低いか、または、どちらも低いかのいずれかになります。つまり株主資本の資本効率が悪く収益が上がっていないか、将来の増益が期待できないか、あるいはその両方の条件を満たしてしまった会社ということです。いずれにせよ経営改善の必要があるわけです。

例えば、豊富な資産があり、優秀な技術力もありながら利益が出ていなければ経営に問題があるわけで、このような状態を前述の指標によって推測し、経営陣刷新のための企業買収が行われることもあります。

ROEは会社の経営効率を判断する指標として、欧米では早くから重視されており、日本でも最近はかなり注目されてきています。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

ROEとは、Return on Equityの略で、株主資本利益率と訳される。
対象会社の当期純利益を同社の株主資本(純資産)で割った値であり、企業の収益性を示す。
自社株買いを実行すると、値が上昇する。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

ROE(Return On Equity)とは、自己資本利益率のことをいいます。これは、株主が拠出した自己資本を用いて企業が株主のためにどれだけの利益をあげたか、つまり株主としての投資効率を測る指標といえます。
ROEは、情報開示資料である有価証券報告書等では「自己資本利益率」、決算短信では「自己資本当期純利益率」と表記されています。「自己資本利益率」では期末自己資本、「自己資本当期純利益率」では期首と期末の自己資本の平均値で算出されています。なお、ROEは、財務分析をするうえでは、以下のように「売上高純利益率」と「総資本(資産)回転率」、「財務レバレッジ」に分解することで、その要因分析をすることができます。

ROE(%) = 当期純利益÷自己資本×100

自己資本 = 純資産 - 新株予約権 - 少数株主持分

ROE = 売上高純利益率 × 総資本(資産)回転率 × 財務レバレッジ

(出典 SMBC日興証券ホームページ)