銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

安定配当とは

企業は利益の中から株主への還元策として定期的に配当を出しますが、その配当が安定して出ている状態を安定配当といいます。配当は必ず出さなければならないものではなく、業績が悪化すれば減らしたり(減配)、なくしたり(無配)することができます。ただし、安定的に配当を出したほうが、長期的に株式を保有する安定株主を確保し、経営の安定を図ることができるため、安定配当を目指す企業が多いといえます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

企業が、株主に支払う一株あたりの配当金、あるいは配当性向を長期にわたって一定水準に保つこと。日本では配当金が重視され、欧米では配当性向が重視される傾向がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

安定配当とは、企業が株主に支払う1株あたりの配当金、あるいは配当性向を長期にわたって一定水準に保つことです。配当は必ず出さなければならないものではないため、減らすことや無くすことも可能ですが、安定配当が実現すると株価が安定し、長期的に株式を保有する安定株主が確保できることや、長期にわたる資金計画が立てやすくなる等、企業経営上のメリットがあります。日本では配当金が重視され、欧米では配当性向が重視される傾向にあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

企業が、配当金や配当性向を毎期一定額に維持することです。日本は配当金を、欧米の場合は配当性向を重視する傾向にあります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)