銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

悪目買いとは

株価が下がっている銘柄に、市場の売り人気に逆らって買い注文を入れること。業績が悪く、回復の見込みもない銘柄を買うときに使われる。「逆張り」ともいわれる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

悪目買いとは、多くの人が売り注文を出している銘柄に対して、買い注文を出して銘柄を買うことを指します。このような買い方のことを逆張りとも言い、反対に多くの人の注文に合わせ株価の流れに従い注文を出す方法を順張りと言います。通常は相場の流れに沿った形で取引をしますが、急激に値下がりをした際には短期的に反発をして値上がりをする場合もあり、この短期的な反発を狙って短期的に利益を得ようと好んでこの逆張りを利用する方もいます。

(出典 東海東京証券ホームページ)