銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

上げ足とは

相場が上昇基調にあることで、そのスピードが急なときは「上げ足が速い」、また緩やかなときは「上げ足が鈍い」や、単に「鈍い」などという。今年1月以降1700円を抵抗線として高値もみあいを続けてきた株価が、ようやく上に抜けた。売建玉を買い戻す動きに拍車がかかり、株価はいっそう上げ足を速めた。相場が上昇トレンドに入った場合、一本調子で上がることはなく、緩急織り交ぜて上がっていきます。株価が抵抗線など節目にさしかかり、上昇スピードが緩くなることを「上げ足が鈍る」といいます。もちあい状態にあった株価が抵抗線を上に抜けると新規の買いや売り手の買戻しにより、株価が急上昇することもあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

マーケットで使われる用語で、相場が堅調に推移している状態のときに使われる。相場が高くなっていくことを指す。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株価が上昇基調で推移していく動き、足取りのこと。
急速に上昇した場合などは「上げ足を速める」といいます。
⇔下げ足

(出典 大和証券ホームページ)