銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アコードとは

アコードとは1951年に米財務省と米連邦準備理事会(FBI)が発表した国債価格維持政策の廃止について共同声明文のことです。その結果、米財務省は市場金利で財政資金を調達するようになりました。また政府機関と中央銀行が協調して定めた政策協定のことを指して、アコードと呼ぶこともあります。日本においては、政府と日本銀行が物価上昇率の目標を共有し、政策協定を締結したこともアコードと呼ぶことが出来ます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

1951年に米国の国債金利上限維持政策(国債価格支持政策)終了を宣言するために米財務省と米連邦準備理事会(FRB)が発表した共同声明文のこと。政府と中央銀行が共同で定めた協定自体を示す場合もある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

政府と中央銀行が、共に政策を進めるにあたり、両者が協調していくことを定めた協定のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)