銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

足どりとは

マーケットで使われる用語で、過去の相場の動きを指す。その動きを、見て分かりやすいようにグラフで表したものをチャートといい、相場を予測する際の参考となる。

足どりには、上げ足、下げ足、保ち合いの3つがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

この足どりはマーケット用語のひとつで、過去の相場の動きのことを指す言葉です。この相場の動きを分かりやすくしたものが、グラフ表示されたチャートです。この足どりには、主に上げ足、下げ足、保ち合いの3タイプに分けることができます。上げ足は相場が高くなっている時に使われ、下げ足は相場が安くなっている状態の時に使われます。保ち合いは、上げ足や下げ足の状態が止まった状態で、どちらの状態もその相場がどちらに動くか分からない状態を示している時に使われます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

どりは、過去の相場の動き(歩み)のことです。チャート(ケイ線)に用いられ、今後の相場を予測する際の一つの参考になります。足どりには、上げ足、下げ足、保ち合いの3つがあります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)