銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アンダーパフォームとは

アンダーパフォームはアンダーパフォーマンスと呼ばれることがあります。金融業界での投資成果を表す言葉として用いられる。一定の期間に、その株の株価上昇率(株の値動き)が、日経平均株価やTOPIXなどベンチマークと言われる株価指数を下回ることです。一定期間に投資する株が投資家にどの程度損失をもたらすか、あるいはもたらしそうかという絶対的な評価と、平均的な収益をどれだけ下回ったという相対的な評価の2つがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

投資成果を表す言葉で、ファンドや個別銘柄、ポートフォリオなどの運用成績がベンチマークとする指標を下回っていること。
英語表記「Underperform」の日本語読みで、「アンダーパフォーマンス(Underperformance)」と呼ぶ場合もあります。相対的な評価に用いられ、例えば、ベンチマークが20%上昇する中、あるファンドでは上昇率が10%だった場合、基準価額はプラスでもアンダーパフォームになります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

ある個別銘柄やファンドなどの一定期間の収益率がベンチマークを下回っていること。アンダーパフォーマンスとも呼ばれる。

これに対して、収益率がベンチマークを上回っていることをアウトパフォームまたはアウトパフォーマンスという。

(出典 野村證券ホームページ)