銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アルゴリズム取引とは

アルゴリズム取引とは、コンピューターシステムが出来高や株価などに応じて、自動的に株式取引の売買注文のタイミング、数量を決定して注文を繰り返す取引を指します。自らがした取引で株価に大きな乱れがでないように、売買注文を拡散させたり、株価が安くなった場合に、自動的に買い注文をしたりもできます。利用する際は、証券会社のノウハウが組み込まれたアルゴリズムから自分に合わせたもの選ぶことが一般的になっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

コンピューターシステムが株価や出来高などに応じて、自動的に株式売買注文のタイミングや数量を決めて注文を繰り返す取引のこと。具体的には、自らの取引によって株価が乱高下しないように売買注文を分散したり、また株価が割安と判断したタイミングで自動的に買い注文を出したりする。利用については、投資家が発注時に証券会社が提供する複数の執行ストラテジー(アルゴリズム)から、自分に合うものを選択する方法が一般的である。
機関投資家の売買注文については、従来から証券会社の電子取引執行システムを活用したダイレクト・マーケット・アクセス(DMA)により、取引所に直接、注文を自動執行する仕組みもあるが、アルゴリズム取引は、より有利な価格で約定できるための証券会社独自のノウハウをプログラミングとして盛り込んでいるのが特徴である。アルゴリズム取引は、当初は米国の機関投資家を中心に広まり、日本国内の機関投資家にも普及している。

(出典 野村證券ホームページ)

 

コンピューターがマーケットの動向を判断して、自動的に株式売買注文のタイミングや数量を決めて注文を繰り返す取引のこと。
「アルゴリズムトレード」ともいいます。金融工学などを駆使して最良の執行タイミングで売買を行うもので、大口注文を細分化して株価に影響を与えないように購入したり、数百銘柄を同時に取引したりするなど、さまざまな手法があります。各社それぞれノウハウがあるため詳細は不明ですが、競争が激化していることもあり、絶えず高度化されています。東京証券取引所では、売買注文の高速処理が可能な売買システム「アローヘッド」が導入されて以降、機関投資家やヘッジファンドなどを中心にアルゴリズム取引が活発化しています。日本では、株式や債券が中心ですが、海外では商品や為替、デリバティブを交えて多様な取引が行われています。

(出典 大和証券ホームページ)