銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アフリカ開発銀行とは

正称はAfrican Development Bank。コートジボワールに本社機関がある、国際開発金融機関の一つ。アフリカ諸国に対し、持続的な経済・社会発展のために、資金面から援助することを主な目的としている。加盟国はアフリカの全独立国54カ国ならびに非地域国26カ国の合計80カ国(2017年7月時点)。

(出典 野村證券ホームページ)

 

アフリカ開発銀行とは、コートジボワールに本社がある国際開発金融機関のひとつです。(一時期、2003年にはチュニジアに移転したこともあります。)英語名ではAfrican Development Bankと言います。設立の目的は主にアフリカ地域加盟国の経済の持続的な発展、社会開発の推進で、それらを資金面によって支えています。その中でも、アフリカ地域の経済協力や統合を推進する、国内や多国間のプロジェクトとプログラムに高い優先順位を置いています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

アフリカ開発銀行(AfDB)は、当行グループの非譲許的な融資を行う組織です。第6次一般増資により新たに資本の補充が行われました。AfDBは、中所得国(MICs)14ヵ国、AfDBとアフリカ開発基金(ADF)の双方から融資を受けることのできるブレンド国2ヵ国、および3~ 5年以内にAfDB適格国に移行する3ヵ国に対して、開発活動へのファイナンスを行っています。また、当行グループの民間セクター事業へのファイナンス(政府保証無し)や、多国籍プロジェクトへのファイナンスも行っています。 当行の設立協定は、1963年8月4日にスーダン・ハルツームで行われた会議で採択、署名されました。その後、1964年9月10日に協定は施行され、1966年7月1日に当行は業務を開始しました。その主な役割は、域内加盟国の経済・社会の発展に、単独や共同で寄与することです。2014年には、それまで16ヵ国にのみ提供していたソブリン融資(政府保証付き融資)について対象を拡大し、1995年以来信用状態の比較的高い19ヵ国に提供しています。 2013年5月にモロッコ・マラケシュで開かれた年次総会で、当行総務会は「アビジャンへ戻る」ためのロードマップと予算を承認しました。チュニジア・チュニスの暫定本部(TRA)での11年間を経て、2014年9月8日付けで当行の本部機能はコートジボワール・アビジャンに戻りました。ロードマップは、概ね肯定的に実施されました。 2010年5月の第6次増資の後、2014年12月31日現在、54のアフリカ諸国(域内加盟国)と26のアフリカ域外諸国(域外加盟国)から成る80の加盟国が当行に出資しています。

(出典 アフリカ開発銀行グループホームページ)

 

アフリカ大陸におけるインフラや地域経済の発展・開発、女性の権利や知識の向上を支援する役割をになっている金融機関です。
拡大重債務貧困国イニシアチブや多国間債務救済イニシアチブに参加しており、加盟国の経済的・社会的進歩、開発を個別に集団的に寄与しています。

1963年8月4日にスーダンのハルツームで銀行を設立するための協定の会議が行われ、そこでアフリカ開発銀行は採択・署名されました。翌年の1964年9月10日に協定は発効され、1966年7月1日に業務が開始されました。包括的目標として掲げるのは、アフリカ加盟国の持続的経済開発及び技術を促進させ、その結果としてアフリカ全土の貧困を無くして行くことにあります。加盟国はアフリカ53カ国とアフリカ以外の加盟国25カ国(アメリカ・北欧4カ国・日本・中国・韓国など)の計78カ国となります。

主な財源は通常資本財源と特別財源に分けれれます。通常資本財源は引受済みの授権資本・AFDBによる融資の返済として受領した資金・AFDBによる融資にから生じる収入・AFDBが国際資本市場で借り入れにより調達した資金などからなります。アフリカ開発銀行の業務は地域の経済的統合でグローバル市場に参加・利益を共有するために、地域統合させることが不可欠であります。アフリカには政治的に磐石とは言えない内陸部の国と国際市場を結びつけ、域内貿易を支援し、経済統合を進めるための主導的役割を担っています。輸送・エネルギー・水道への投資貸付だけでなく、金融資産にレバレッジをかけアフリカ大陸のインフラ拡大、村落におけるインフラ(道路の整備・灌漑施設・電気・貯蔵施設・市場へのアクセス・自然保護システム・供給ネットワーク)への投資、農業と食料安全保障を行います。また、民間事業への投資と共に、女性や若い人が起業するための助言や技術支援などの対応から、リスク管理の改善や金融に関しての基準・規制を定め実地、労働市場への具体的ニーズにあった技術訓練・就業訓練の支援強化などに力を注いでいます。さらに人口の半分を占める女性の知識を高め・スキルを開発、法律的権利・財産権を重視した社会に変貌させる努力を補助しています。女性の労働市場への参加や社会進出に機会を広げることは、生産性の向上や貧困の削減や撲滅への一歩となります。

(出典 ボランティアプラットホームホームページ)