銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アニュアルレポート(Annual Report)とは

アニュアルレポート(Annual Report)とは、株式を上場している企業が事業年度終了時に作成をする報告書です。別名で年次報告書とも言います。主に企業の情報公開の観点から株主や投資家、金融機関などのステークホルダーに対して作られており、自社のホームページ上に公開したり、冊子上のものにして配布する場合もあります。記載される内容は主に財務諸表となっており、業績の振り返りや役員の紹介、事業所の展開状況などの基礎情報も掲載される場合が多くあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

アニュアルレポート(Annual Report)とは、年次報告書のことで、企業がディスクロージャー(情報公開)の観点から、株主や金融機関などの関係先に年度末に配布する、経営内容についての総合的な情報を掲載した冊子を指します。法律で定められた決算短信や有価証券報告書とは異なり、社長のメッセージや企業理念、事業戦略、CSRへの取り組み、社員の動向など、さまざまな要素を自由に盛り込めるため、長期投資で重要となる経営者の考え方や企業のビジョン、社風などの「数字では見えない資産」を把握することができます。
日本では主にグローバル企業が海外の投資家に向けて英語版が出されていましたが、近年は日本版が出されるケースも増えています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

アニュアルレビュー(アニュアルレポート)とは、株式上場企業が、投資家等のステークホルダーに対して、事業年度終了後にディスクロージャー(情報公開)の観点から経営成績や財務状況を報告するために作成する英文の年次レポート、年次報告書のこと。

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)