銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アナリストとは

株式を発行している企業(主に上場会社)の財務内容や収益力・成長力などを調査分析し、投資価値の評価をする専門家のことを証券アナリストという。また、株式市場全体の動向について分析する人をマーケットアナリストと呼ぶ。用語の使用例選別受注に伴う粗利改善、グループ会社の業績貢献などが評価され、アナリストの投資判断は「買い」継続、目標株価は引き上げられた。もっと知りたい!大事な虎の子を投じる(投資する)わけですから、事前に投資先の事業内容や業績見通し、リスクなどを十分に把握することが重要です。投資判断という視点から企業調査を専門とする職業が証券アナリストです。多くの場合は、セクターごとに担当企業を持ち、財務分析など定量分析をベースに、決算説明会への出席、経営者への取材、工場見学など、定性的な情報を補うことによって、株式の投資価値の分析や売買判断(売り・買い)を行ないます。アナリストが作成する報告書はアナリスト・レポートと呼ばれ、彼らの企業分析・評価を参考に、機関投資家やファンドマネジャーが投資戦略を練ることになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

アナリストとは、国や企業の動向を分析する専門家のことです。企業の財務や業績の分析、将来性の調査、業界の動向調査・分析を行い、投資に必要な情報を収集します。
アナリストは単に財務諸表などの決算情報を分析するだけでなく、企業やグループのトップへインタビューしながら企業の将来性を予測したうえで、情報を整理し、評価する能力も必要とされています。
アナリストには、さまざまな分野の専門家がいます。投資の分野では、株式、債券、投資信託など、金融商品に特化したアナリストがいます。
また、金融商品だけでなく、自動車業界や電機業界など、特定業界を専門分野にしているアナリストもいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

Security Analyst 企業や業界の分析および評価を行う役割の人です。個別企業、業種を調査・分析し投資価値の判断を行う証券アナリストのことです。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

分析家、評論家のこと。
アナリストの中で、証券または産業界に関する問題について調査を行い、投資家に投資判断の材料となる適切な情報を提供する専門家を証券アナリストといいます。証券会社や銀行、機関投資家などでは複数の証券アナリストが投資銘柄の選定を行っています。証券アナリストの権威を高めるため、米国では1963年から公認証券アナリスト制度が発足。日本でも1962年に、東京証券アナリスト協会が設立(1969年に日本証券アナリスト協会と改称)されました。協会が実施する検定試験に合格し、一定期間の実務を受けた人のみが、協会公認の証券アナリストとして活動できます。

(出典 大和証券ホームページ)