銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アット・ザ・マネーとは

オプション取引において、オプション取引の権利所有者が権利行使した場合に、利益がゼロの状態をいう。コール(購入)オプション、プット(売却)オプションともに原資産価格と行使価格が等しい状態。

(出典 野村證券ホームページ)

 

オプション取引で、市場価格と権利行使価格が等しい状態。
コールオプション、プットオプションとも、この状態で権利行使をすると損益がゼロになります。英語表記「At The Money」で「ATM」と表記されることもあります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

アット・ザ・マネーとは、オプション取引において原資産の価格とその権利行使価格が同じ状態にあることです。その状態は価値が無いということであり、時間的価値が一番高いことも意味しています。権利行使価格と原資産価格との間でオプション取引の買い手が権利行使をした場合に経済的な損失を生じていないということです。コールオプションとプットオプションの権利行使価格と基礎となる商品の価格がイコールになっている状態です。

(出典 東海東京証券ホームページ)