銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アセットクラスとは

アセットクラスとは、似たような収益率となる金融商品を集めて、それらに対して投資をすることで、国内外の株式・債券や不動産投資信託のことを言います。例えば、国内の株式で収益を出せそうな銘柄をいくつか集めてひとつのクラスとします。外国株式の銘柄も同じようにひとつのクラスを構成し、それを繰り返すことでクラスをいくつか構成して、それぞれに投資をすることを意味しています。例外的に復号分散型の投資信託やヘッジファンドの商品が販売されるということがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

同じようなリターン(値動き)やリスク特性を持つ投資対象の資産種類・分類のこと。国内株式、国内債券、外国株式、外国債券、商品、REITなどがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

アセットクラス(資産クラス)とは、投資対象となる資産の種類や分類のことです。

株式、債券、不動産、貴金属、現預金などがアセットクラスとされており、近年では新たなアセットクラスとしてヘッジファンド、プライベートエクイティなどオルタナティブ(代替)投資なども対象とされています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

Asset Class 資産の種類・分類のことです。同じような値動きやリスク特性を持つ投資対象ごとに国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、短期金融商品などに分けられます。これら伝統的資産に加えて、最近では不動産投資信託(REIT)やコモディティ(商品)、ヘッジファンドなどオルタナティブ(代替)資産と呼ばれる比較的新しいアセットクラスも存在します。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)