銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

アセットアロケーションとは

アセットアロケーションとは、株式や国債などの資産の配分を行うことを指します。リスクを伴う投資において投資先をコントロールすることで、リスクを抑えながら効率的に利益を得るための手法です。アセットアロケーションを行う場合は特定の投資先や投資商品に偏ることが無いようにリスクとリターンのバランスを取ることが大切とされており、市場環境や投資先の状況、自身の資産間の相関関係など様々な判断材料を元に配分を行うことが重要です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

アセットアロケーションとは、運用する資金を国内外の株や債券などにどのような割合で投資するのかを決めることをいいます。アセットとは「資産」、アロケーションとは「配分」という意味を持っています。
資産は、大きく分けて「現預金」「国内株式」「国内債券」「外国株式」「外国債券」「不動産」「商品・金」など、同じような特性を持つ商品のグループを指します。アセットアロケーションは、その人の資産状況やリスク許容度、運用目的などによって人それぞれで適切な配分が異なります。
また、具体的に商品を組み合わせたものをポートフォリオといいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

アセット(資産)のアロケーション(配分)、つまり投資対象のリスクをコントロールしながらリターンを獲得するための資産配分のこと。日本古来の「財産三分法」も、広義においてアセットアロケーションの一種といえる。
アセットアロケーションにあたっては、投資環境等資本市場の状況、各資産の期待リターン、リスク、資産間の相関(動き方の類似性)の予測、分析などの投資対象に関する情報と、投資家の資産、負債、およびリスクに関する考え方などの投資家に関する情報の双方が重要である。

(出典 野村證券ホームページ)