銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ASEANとは

ASEANとは、東南アジア地域の国々が加盟する地域協力機構です。

1967年8月に「ASEAN設立宣言(通称:バンコク宣言)」に基づき、地域の平和と安定や経済成長の促進を目的として設立されました。当初の加盟国は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの5カ国でしたが、その後、ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー及びカンボジアが順次加盟し、現在は10カ国で構成されています。

ASEANの最高意思決定機関は、首脳会議「ASEANサミット」です。また、ASEANでは分野別の閣僚会議や委員会も開かれ、一年を通し様々な分野において、政策協議が行われています。ASEAN事務局はインドネシアのジャカルタに設置されており、機構内の会議・委員会等の調整・効率化を担い、様々な事業を実施しています。

(出典 日本アセアンセンターホームページ)

 

ASEANとは、東南アジア諸国連合の略称であり、地域協力機構のひとつです。本部はインドネシアのジャカルタにあります。ベトナム戦争を背景に地域の経済成長や、社会的・文化的な発展を促進すること、政治・経済的な安定を確保すること、地域の諸問題を解決することを主な目的として設立されました。

(出典 東海東京証券ホームページ)