銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ESOP(Employee Stock Ownership Plan)とは

Employee Stock Ownership Planの略称。自社株を企業の拠出(損金扱い)で買い付け、従業員へ配分する税制優遇自社株配分制度。原則として全ての従業員が対象で、退職まで自由に引き出せない代わりに、退職時まで課税されない確定拠出型退職給付制度。

米国における制度で、現在、日本では導入されていない。ちなみに、日本では、従業員持株会が存在する。これは企業が従業員の福利厚生の一環として導入・支援する、従業員の給与天引き(税引後)による自社株購入制度で、税制優遇措置はないが、任意加入、株式の引き出し・売却が可能な自助努力型資産形成制度。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ESOP(Employee Stock Ownership Plan)とは、自社株を損金払いの企業の拠出で買付けをし、従業員へ配分する税制優遇寺社制度のことです。原則として全ての従業員が対象となっており自由に引き出せませんが、退職まで課税をされない確定拠出型退職給付制度です。現在アメリカで導入されており、日本では導入されていませんが、代わり従業員持株会が存在します。これは福利厚生の一環で給料から天引きによる自社株購入制度であり、税制優遇措置はありませんが任意加入でき、株の引き出し・売却が可能な自助努力型資産形成制度です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

「従業員持株ESOP信託(ESOP:Employee Stock Ownership Plan、以下「ESOP信託」といいます。)は、従業員持株会の仕組みを応用した信託型の従業員インセンティブ・プランであり、自社株式を活用した従業員の財産形成を促進する貯蓄制度の拡充(福利厚生制度の拡充)を目的としています。

(1)ESOP信託(受託者)が借入金を原資に自社株式を発行会社または株式市場から取得します。
(2)信託期間中は、ESOP信託が自社株式を従業員持株会に売却します。
(3)自社株式の株価上昇により、信託終了時に信託財産が残る場合は、従業員の持株会への拠出割合に応じて金銭で分配されます。自社株式の株価下落により、信託終了時に借入金が残る場合は、発行会社が保証契約により一括弁済します。
(4)ESOP信託内の自社株式については、従業員持株会の意思を反映した議決権行使を行う仕組みであり、従業員の意向が経営に反映されやすくなります。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)