銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ISDAとは

ISDAとは、International Swaps Derivative Associationの略で、国際スワップ・デリバティブ協会のことを指します。1985年アメリカのニューヨーク州で設立されたデリバティブに関わる世界的組織です。ISDAの役目は、各国の政府や他市場の業界団体などと連携をし、デリバティブ市場の発展に寄与することで、金利スワップ、通貨スワップ、コモディティデリバティブなどの取引における健全なリスク管理体制の強化などに取り組んでいます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

International Swaps And Derivatives Associationの略。国際スワップ・デリバティブ協会。デリバティブ取引を行う金融機関により構成される世界的な業界団体であり、デリバティブ市場の推進や発展に努めている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国際スワップ・デリバティブ協会の略称で、店頭デリバティブ市場の安全で効率的な発展を促進するための国際的業界団体として、1985年にニューヨークで設立された。ISDAが開発に携わっているISDAマスターアグリーメントは、店頭デリバティブ取引における各国共通の契約書のひな型として、現在では事実上の世界標準となっている。
(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ) 

 

英語表記「International Swaps And Derivatives Association」の略で「国際スワップ・デリバティブ協会」のこと。
1985年、デリバティブの推進や発展を目的に米ニューヨークで設立。同協会は、デリバティブ取引を行う金融機関で構成されている世界的な業界団体です。ISDA会員の合意事項は、事実上の世界標準とされています。

(出典 大和証券ホームページ)