銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは法定相続人が全員で行う協議の結果、合意した内容を書面にした物を言います。誰が何をどれだけ相続するのかなどを記載しており、各財産の受取人を明確に出来るように記載をします。書式や形式は特に定められていませんが、通常を相続人全員の署名と実印が押されます。遺産分割協議書は不動産等の所有権を移転登記する際に必要となるだけでなく、銀行や証券会社の口座にある金融財産を移転する際にも必要になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相続人全員で遺産分割協議をした結果、その内容を書式にまとめたものを遺産分割協議書といいます。
遺産分割協議書には、誰が、どの相続財産を相続するのかを具体的に記載し、相続財産の受取人を特定できるようにして内容を明確にしておくべきです。遺産分割協議書は必ず作成しなければならないものではありませんが、後日の紛争を防止するためや相続手続上必要な場合もあるので、作成しておくことが望ましいです。また、遺産分割協議書は相続人の人数分を作成し、各自1通ずつ保管します。なお、遺産分割協議書は、不動産の相続登記、金融機関に預けてある資産の相続手続きの際などに使用します。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

遺産分割協議書とは、相続人全員で協議して作成した遺産分割に関する文書のことです。
遺言がない場合には、相続人全員が話し合って、遺産分割を決めなければなりません。
また遺言があっても、遺産執行人が指定されておらず、相続人全員に不服がある場合には、協議のうえ遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書で最も注意すべきは、相続人全員が参加していないと無効になってしまうことです。相続人の中に行方不明者がいると、財産管理人を立てる必要があります。また、相続人の中に未成年者がいる場合は法定代理人または特別法定代理人を立てなければいけません。

(出典 ライフルHOME'Sホームページ)