銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

イールドレシオとは

長期金利を株式益利回り(=1株利益÷株価)で割って求められる。株式相場の水準が割安なのか割高なのかを判断する指標として使われる。

長期金利から株式益回りを引いてその差分を比較するイールドスプレッドに対し、イールドレシオは率ベースで比較する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

イールドレシオとは長期金利を株式利回りで割ることで求められる経済指標です。これは株式相場が割安かあるいは割高かを判断する指標となります。このイールドレシオが低い場合には株式相場に割安感があり、反対に高い場合は株式相場に割高感があると言えます。また、類似する指標に長期金利から株式利回りを引くことで求められるイールドスプレッドと言う指標がありますが、長期的な視点で相場の水準を判断する場合にはイールドレシオが適しています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

長期国債の利回りを株式益利回りで割った指標。
イールドスプレッドと同様に、債券と株式を比較して、株式相場の割安・割高を判断します。イールドスプレッドに比べ、長期的な視点で見るのに適しています。イールドレシオが低い(高い)場合、株式相場は割安(割高)とされています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

長期金利を株式益利回りで割った倍率のことを指します。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)