銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

EVA(Economic Value Added)とは

EVAとはEconomic Value Addedの略で、米国スターンスチュワート社が商標登録をしている経営の質を踏まえた投資のための基準のひとつです。経済的付加価値と日本語に訳すことが出来ます。計算式で表すと、EVA=支払利息控除前税引き後利益−資本コスト額=(投下資本事業利益率×資本コスト率)×投下資本額となり、事業に投下した資本の収益率が株主の要求する収益率を上回ることで、EVAの数値はプラスになります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

Economic Value Addedの略称で和訳は経済的付加価値。株式市場では、収益力を反映した株価格差が明確になってきており、今後株式の銘柄選択において、「経営の質をふまえた投資の物差し」が重要であるとされている。その物差しの一つで米国スターンスチュワート社が商標登録している。
計算式はEVA(経済的付加価値)=支払利息控除前税引後利益−資本コスト額、またはEVA=(投下資本事業利益率−資本コスト率)× 投下資本額。

EVAは、当期利益(当期純利益)から資本コストを引いて求められる。つまり、株主が投下した資本に求められる期待収益率をコストとして、人件費等と同様に扱っているのが特徴である。 したがって、企業がただ利益を上げるだけでなく、事業に投下した資本の収益率が、資本を預けている株主の要求する収益率を上回らなければ、EVAの数値はプラスにはならない。

(出典 野村證券ホームページ)

 

英語表記「Economic Value Added」の略で「経済的付加価値」のこと。
企業が事業活動で得られた利益から資本コストを差し引いた額で、企業が当該事業でどれだけの経済価値を生み出したかを測る指標です。米コンサルタント会社スターン・スチュアート社が開発した指標で登録商標になっています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

Economic Value Addedの略です。日本語では経済的付加価値と訳され、EVA=税引後営業利益-資本コストの額という式で計算されます。ここでの資本コストとは資本提供者が求める収益率を表し、他人資本提供者(金融機関等の債権者)については税引後の負債利子率、自己資本提供者(株主)については株式の期待収益率が用いられます。EVAがプラスになっている場合は、企業が資本提供者の期待を上回る経済的価値を生み出せていると解されます。

アメリカのコンサルティング会社、スターンスチュワート社が考案した指標で、1980年代ごろから企業への導入が始まりました。日本でも大手企業を中心に、異なる企業間での投資効率を測定する指標として広く用いられています。

(出典 岡三オンライン証券ホームページ)