銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ESG投資とは

ESG投資とは、環境(environment)、社会(society)、企業統治(governance)に配慮している企業を中心にして投資を指します。環境はCO2削減や生物多様性の保護、社会は、人権問題への対応や地域社会への貢献活動、企業統治ではコンプライアンスのあり方、社会取締役の独立などを重視しています。欧米の機関投資家を中心に企業の投資価値を知るための新しい評価基準として関心を集めるようになっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

SRI(社会的責任投資)とCSR(企業の社会的責任)を発展的に統合した考え方。頭文字はE(環境、Environment)、S(社会、Social)、G(企業統治・ガバナンス、Governance)をそれぞれ意味する。世界が貧富の格差問題、ボーダーレス化する地球環境問題や企業経営のグローバル化に伴う様々な課題に直面する中で、企業への投資は、短期的ではなく長期的な収益向上の観点とともに、持続可能となるような国際社会づくりに貢献するESGの視点を重視して行うのが望ましいとの見解を国連が提唱した。その結果、ESGの視点で投資を行う金融機関が欧米を中心に広がっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

『ESG』とは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字をとった言葉です。『ESG』投資は、これらへの企業の取り組みを考慮する投資手法です。具体的には、温室効果ガスの排出削減や、労働環境の改善、企業統治の強化などへの取り組みを進める会社に積極的に投資しようという考え方です。欧米を中心に世界で広がる『ESG』投資は、日本でも新しい投資手法として注目されています。

 (出典 楽天証券ホームページ)

 

ESG投資とは、企業活動における環境(Environment)、社会問題(Society)、企業統治(Governance)を重視する投資手法。

通常の株式投資では財務の観点からのみ投資を行うが、ESG投資ではそれに加え、非財務項目である環境問題への取り組みや、株主、顧客、従業員、地域社会など、利害関係者に対し、いかに企業の社会的責任(CSR)を果たしているかをチェックして投資を行う。一般的にこのような投資は社会的責任投資(SRI)と呼ばれる。

2006年に国連環境計画・金融イニシアティブが責任投資原則(PRI)を提唱し、投資にあたりESGの配慮を求めており、これを機にESG投資が欧米を中心に急速に拡大している。

日本でも投資情報として環境情報が一層重視されてきていることを受け、投資対象先企業の環境情報を開示するシステムの構築事業が2013年度から進められている。

(出典 環境ビジネスオンラインホームページ)