銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ECNとは

英語のElectronic Communications Networkの頭文字。既存の証券取引所を通さず、ネットワークを介して、株式を売買するコンピュータ—システムの総称。取引時間の制約を受けず、機動的な売買執行や匿名性、手数料の低減など取引参加者の利便性を高めているのが特徴。日本では私設取引システム(PTS、Proprietary Trading System)と呼ばれ、日本版金融ビッグバンの一環として、1998年12月に有価証券取引の「取引所集中義務」が撤廃されたことにより誕生した。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ECNとは、Electronic Communications Networkの頭文字をとり、既存の証券取引所を通さず、ネットワークを介して株式を売買するコンピュータシステムのことです。いつでも自由に取引でき、売買執行の速さや匿名性、手数料の低減など取引参加者にとって利便性が高いものです。日本ではPTS(Proprietary Trading System、私設取引システム)と呼ばれ、1998年12月に有価証券の取引所集中義務が撤廃されたことでできました。

(出典 東海東京証券ホームページ)