銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

一般会計とは

国や地方公共団体が財政活動をおこなう際は、収入の見込みと使い道の予算を立てておこなう。予算には、一般会計予算や特別会計予算、財政投融資がある。一般会計は、租税収入や印紙収入、国債の発行などによる収入を主な財源とし、社会保障や教育、公共事業など一般的な財政活動を行うのに必要な経費に支出される。

また、国が予算を立てる場合、その時点の日本の経済の状況を把握し、必要であれば財政政策などを提示し、その政策をもとに次年度の予算を立てる。
毎年1月に召集される通常国会で「来年度予算案」として審議される。4月1日時点の国会で本予算が成立せず、必要経費を計上しなくてはならない場合には、本予算が成立するまでの間、暫定予算が組まれる。予算成立後、追加費用を計上しなくてはならない場合には、まず本予算とは別に補正予算が組まれて、国会で成立すると、補正予算は、本予算と一体となる。

本予算は、4月1日から翌年3月31日までの会計年度の当初に成立した予算のことである。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国や地方公共団体が行っている会計の中で特別会計に属さない分野で経理する会計のことを一般会計と言います。一般会計は租税収入や印紙収入、国債を発行することで得る収入を主な財源としており、その中から社会保障や教育関係、公共事業など一般的な財政活動を行うのに必要な金額が経費として支出されます。国や地方公共団体が財政活動を行う場合、まずその時点の日本の経済状況を把握して一般会計予算や特別会計予算、財政投融資など収入と支出の予算が立てられます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

まずは一般会計から見ていきましょう。

国や地方公共団体の会計は、大きく分けて一般会計と特別会計に分類することができます。法律上の定義では、一般会計は「特別会計に属さないすべての会計」ということになります。しかし、これだけの説明では少々わかりづらいところです。

そこでもう少しわかりやすく表現すると、「一般的な行政にかかる経費を扱うもの」だということができます。つまり、公共事業や社会保障など、通常の行政事業の範囲で毎年必要となるような経理のことです。

歳入としては、所得税や消費税などの税金等がこれに当たります。これらの予算は、議会で用途が決定されることになります。

(出典 BIZ KARTEPホームページ)

 

国における会計区分の一つで、租税などの収入を財源として国の基本的・一般的な支出を経理する会計。他に特別会計がある。

(出典 財務省ホームページ)