銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

一致指数とは

景気の動きに対し、一致して動く指標。景気の現状を把握するのに用いられる。

(出典 内閣府ホームページ)

 

一致指数とは、先行指数、遅行指数とともに内閣府が公表する景気動向指数を構成する3指標の一つ。景気に対しほぼ一致して動くことから、主に景気の現状把握に使用される。

2015年7月の景気動向指数の第11次改定で、採用指数から「大口電力使用量」が除外され、一致指数を構成する系列数は、「所定外労働時間指数」「有効求人倍率」など11系列から10系列となった。

2017年1月分以降、「規模別製造工業生産指数」(中小企業庁)が公表休止のため、「中小企業出荷指数(製造業)」が採用指数から除外され、10系列から9系列に変更となった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

景気の現況を示す指数のこと。景気動向指数の1つ。一致指数には、有効求人倍率(除く学卒)、営業利益(全産業)、所定外労働時間指数(製造業)、鉱工業生産財出荷指数、商業販売額(小売業)、大口電力使用量などの11指標がある。内閣府から公表された景気動向指数では、一致指数は前月比+1.3ポイントとなった。消費税前の駆け込み需要により、商業販売額が大幅に伸びたことが寄与している。内閣府に属する経済社会総合研究所では、さまざまな経済統計データを基に景気の動向を示す指数を算出し公表しています。指数は、景気変動を量的に見るCIと景気変動の方向性を見るDIの2つに分かれ、それぞれ先行指数、一致指数、遅行指数の3つから構成されています。一致指数は、現在の景気とほぼ同じタイミングで変化すると考えられる11項目の経済指標を利用しています。一致指数の見方として、一般的に一致CIが上昇しているときは景気拡張局面、低下している場合は後退局面となります。一致CIの動きと景気の転換点は、大体一致しています。なお、一致CIの変化の大きさから、景気の拡張や後退のテンポを把握することができます。

(出典 東海東京証券ホームページ)