銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

一目均衡表とは

相場は買い方と売り方の均衡が破れた方に動くという考え方に基づき、相場の本質的動因を値幅(株価)よりむしろ時間(日柄)にあるとするテクニカル分析の手法。時系列チャートの一種であり、ローソク足のほかに、「転換線」「基準線」「遅行線」「先行スパン1」「先行スパン2」の5本の補助線で構成される。

・転換線
過去9日間の高値と安値の平均値(買い方の圧力の最高潮である高値と、売り方の圧力の最高潮である安値の平均、つまり売り買いの圧力の短期的な均衡点を表す)
・基準線
過去26日間の高値と安値の平均値(相場の中期的な均衡点であると同時に、潜在的なトレンドを決定する線であり、相場そのものの「基準」となる線なので均衡表において最重視される)
・遅行線
本日の終値を26日前にさかのぼって記入する(終値チャートを26日分左へ平行移動した線。単純な線だが、基準線と並んで重要視されている)
・先行スパン1
転換線と基準線の平均値を26日先に記入する(中期的な株価の趨勢を表す)
・先行スパン2
過去52日間の高値と安値の平均値を26日先に記入する(長期的な株価の趨勢を表す)

先行スパン1と先行スパン2との間の幅を「雲」と呼び、株価が雲よりも上にあるときは上昇基調、株価が雲より下にあるときは下落基調と見て取ることができる。 雲が厚い場合、支持や抵抗が強く、雲が薄い場合、支持や抵抗が弱いとされている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

一目均衡表は、一目山人(いちもくさんじん:ペンネーム)によって開発された、日本で生まれたテクニカルチャートのひとつです。一目均衡表は5本の補助線とローソク足を用いて一つのグラフを形成しています。5本の補助線は、基準線、転換線、遅行線、先行スパン1、2です。一目均衡表の特徴は、雲といわれる抵抗帯です。その雲の大きさや、雲に対するローソク足の動きや位置などから、これからの株価の動きを予測することができます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

一目均衡表とは、日本で生まれたテクニカルチャートのひとつで、一目山人(いちもくさんじん:ペンネーム)によって開発されました。
一目均衡表は、ローソク足と5本の補助線(基準線、転換線、遅行線、先行スパン1、2)を用いてひとつのグラフを形成します。
特に「雲」といわれる抵抗帯が一目均衡表の特徴です。この雲の大きさや、雲に対するローソク足の位置や動きなどから、今後の株価の動きを予測することができます。

一目均衡表の最も大きな特徴である「雲」は、その厚さを見ることで、価格に対してどれくらい抵抗があるのかを判断するためのひとつの材料となります。
例えば、雲が厚いということは、なかなかそれ以上またはそれ以下の価格にはなりにくいのでは、と予測することもできるでしょう。また、雲を突き抜けるということは、大きく値動きをする前兆の可能性があるのでは、と考えることもできます。ただし、確実にそういう結果になるというものではありませんが、視覚的にどういう状況なのか見ることができるため、印象に残りやすくなります。

テクニカル分析はそれぞれ一長一短があり、万能なテクニカル分析はありません。できれば複数のテクニカル分析を併用して、判断することをおすすめします。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

日本人が戦前に編み出したチャート分析の手法。
時間軸に着目し、ローソク足と5本の補助線(基準線、転換線、遅行線、先行スパン1、2)を用いて、相場の動きが一目でわかるようなチャートです。遅行線は「遅行スパン」ともいいます。「雲」といわれる抵抗帯が特徴で、雲と株価の位置関係や雲の厚さなどで今後の株価を予測します。

(出典 大和証券ホームページ)