銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

一部指定とは

一部指定とは株のグレードが上がるということで株を事前に持っている人はより多くの利益を確保されることが約束され、株を発行した企業は自社株の注目度が高まり、結果的に株を買う人が多くなり資金をより多く集めることが出来ます。一部指定されグレードが上がることを予測し、株を購入すれば利益を得ることが出来ます。市場第二部銘柄はどこの企業でも登録できますが、一部指定のみの市場第一部銘柄は一部の上場企業しか登録できないのです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

取引所の市場第二部銘柄が市場第一部に昇格すること。

(出典 野村證券ホームページ)

 

東京証券取引所や名古屋証券取引所で上場銘柄の所属する市場が、市場第1部に指定されること。
各取引所の「有価証券上場規程」における一部指定基準を満たしているかどうかで判断されます。市場第2部から昇格する場合と、いきなり市場第1部に上場する場合があります。

(出典 大和証券ホームページ)