銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ETNとは

「Exchange Traded Note」の略称で、「上場投資証券」または「指標連動証券」という。ETF(上場投資信託)と同様に、株価指数や商品価格など様々な指標に連動し、証券会社を通じて取引所での売買が出来る。裏付けとなる資産がないのが特徴であるため、資産の保有が困難な指標でも組成が可能となるメリットがある。一方で担保がないことから、信用リスクを投資家が被ることになるデメリットがある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ETN(イー・ティー・エヌ)とは「Exchange Traded Note」の略で、「上場投資証券」または「指標連動証券」と呼ばれる上場商品です。ETNはETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)と同様に、価格が株価指数や商品価格等の「特定の指標」に連動する商品ですが、「Note(債券)」の単語が示すように、金融機関(発行体)がその信用力をもとに、価格が特定の指標に連動することを保証する債券であるため、投資信託であるETFとは異なり、証券に対する裏付資産を持たないため希少金属や通貨、ボラティリティ指数などETFでは組成できない資産を投資対象とすることが可能です。

また税制等(特定口座利用可)も現物株式、ETF同様です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

英語表記「Exchange Traded Note」の略で、金融機関の信用力をもとに、日経平均株価などの株価指数や商品価格といった特定の指標に連動することを保証した金融商品。「上場投資証券」、「指標連動証券」とも呼ばれ、ETFと同様、取引所に上場されています。流動性が低い指数や商品を取引できる利点があります。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

英語表記「Exchange Traded Note」の略で、金融機関の信用力をもとに、日経平均株価などの株価指数や商品価格といった特定の指標に連動することを保証した金融商品。
「上場投資証券」、「指標連動証券」とも呼ばれ、ETFと同様、取引所に上場されています。流動性が低い指数や商品を取引できる利点があります。

(出典 大和証券ホームページ)

 

ETNとはExchange-Traded Noteの略で、上場投資証券や指数連動債などを指します。ETF(上場投資信託)と同様に、株価指数などに連動する金融商品ですが、金融機関などの発行体が信用力をもとに発行する債券であるため、発行体の倒産や財務状況などによってはETNの価格が下落したり、無価値になる場合もあるため、発行体の信用リスクについては十分に留意する必要があります。一方、ETFの場合は現物株式などの資産を保有しており、たとえETFの組成会社に万が一のことがあっても、投資家の資産は分別管理の対象となっているため、保全されます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

ETNとは、英語名でExchange Traded Noteの略称で、上場投資証券のことを指します。また、指標連動証券とも言います。ETF(上場投資信託)と同じように、指標によって連動した株価指数や、商品価格を、証券会社を通すことによって投資家は取引所で売買することが出来ます。ETNの大きな特徴としては、裏付けとなる現物資産を持っていないことや、様々な指標を組成できること、トラッキングエラーが発生しないことが挙げられます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

ETNは上場投資証券や指標連動証券という意味で、「Exchange Traded Note」を略したものです。
ETFは株価指数に連動する上場投資信託ですが、ETNは金融機関(発行体)がその信用力をもとに、価格が特定の指標に連動することを保証する債券です。ETNはETFとは異なり、発行体が対象指標との連動性を保証することとなるため裏付けとなる現物資産を持たない(必要としない)という特徴があります。このため、ETNは「外国人への投資規制が存在する新興国株式」や、「希少資源」、「時間の経過とともに劣化してしまう農産物」などのように現物資産の保有が困難な対象指標であっても組成が可能といわれています。

ETNもETFと同じように上場しているために証券会社で株式同様に購入できます。運用コストが債券指数型の非上場投資信託より安い点もETFと同様です。

また、ETNは債券として商品設計されているため満期が到来すると償還されることになる点には注意が必要となります。

(出典 岡三オンライン証券ホームページ)

 

ETFと同様にインデックス(指数)や商品価格などの特定の指標への連動を目指す商品で、証券会社を通じ証券取引所で株式と同じように取引できる。
発行体の金融機関がその信用力をもとに特定の指標に連動することを保証する債券であり、ETFと異なり裏付けとなる資産がないのが特徴。

(出典 アセットマネジメントOne)