銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

一般勘定とは

生命保険会社が保険加入者から預かった保険料を管理・運用する勘定の一つ。一般勘定では定額個人年金保険など、運用実績にかかわらず元本と一定利率が保証される保険商品が運用されている。これに対して、特別勘定では運用実績に応じて給付金が変動する変額年金保険が運用されるなど、保険商品の特性に応じて保険料が分離して管理・運用されている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

一般勘定は、保険会社が保険商品の契約者から集めた保険料を運用するために使う勘定のひとつです。契約者のなかには個人の保険契約者や、企業などの組織の年金資金などが支払った保険料も含まれます。予定利率が保証されて運用の結果は保険会社がもち、契約書に書かれた一定額の実績を残すタイプの保険商品の運用実績をコントロールする際に、この勘定が用いられることが多いです。運用の結果一定額を残すことができれば配当が出ることがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

一般勘定とは、生命保険会社の商品で、個人保険や企業年金資産等を合同して一つの勘定で運用する勘定。一般勘定は、元本と一定の利率の保証(保証利率)がされており、生命保険会社が運用のリスクを負うもの。また運用の結果次第では配当がある。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

生命保険会社が契約者から預かった保険料の運用を行う勘定には、「一般勘定(いっぱんかんじょう)」と「特別勘定(とくべつかんじょう)」がある。
一般勘定とは、予定利率を契約者に保証している保険(死亡保険や養老保険など)において、支払われた保険料は合同で運用されるものをいう。
一般勘定では、同時期の契約者は全て同じ運用実績となる。

対する特別勘定とは、契約者から支払われた保険料の運用結果について、契約者ごとに直接還元することを目的にして運用されるものをいう。

(出典 保険市場ホームページ)