銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

EV(Enterprise Value)とは

Enterprise Valueの略称で和訳は企業価値。会社が生み出す将来のフリーキャッシュフローを割引いた現在価値のことをいう。下記の算出式で定義することもできる。

<企業価値の算出式>
企業価値 = ネット有利子負債 + 株式時価総額
(ネット有利子負債)
有利子負債から、すぐにキャッシュにできうるであろうものを差し引いた金額
有利子負債残高 − (現金・預金) − 短期性有価証券
(株式時価総額)
発行されている株式の時価による価値
{ 発行済株式総数(自己株式を除く) × 株価 }

経済産業省の企業価値研究会は、「会社の財産、収益力、安定性、効率性、成長力等株主の利益に資する会社の属性又はその程度」と定義している。
生産設備等の目に見える資産に加え、知的財産やブランド力等の目に見えない資産も、フリーキャッシュフローを生み出す源泉になっており、企業価値の一部を構成していると考えられる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

EVとは、Enterprise Valueの略で、企業価値という意味です。企業が将来生み出すキャッシュフローを差し引いた現在価値のことです。おもにEVを計測する方法としては過去の年度の蓄積をベースとしたコストアプローチや、将来の収益性をもとにしたインカムアプローチ、そして類似企業の株価をもとにしたマーケットアプローチなどがります。設備などの目に見える資産の他にもブランド力などの無形の資産もEVを構成する要素となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

英語表記「Enterprise Value」の略で「企業価値」のこと。
簡単にいうと企業を買収する際に必要な実質的な資金の額で、買収に要する時価総額と買収後に返済する必要がある金額の合計です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

EVとは、Enterprise Valueの略であり、EV=株式時価総額+有利子負債と定義される。金融市場から見た企業全体の時価総額といえ、企業のステークホルダーのうち、ファイナンシャルステークホルダー(有利子負債の債権者および株主)が把握している価値の合計を意味している。
EV/EBITDAマルチプル(EBITDA倍率)は、EVで示される企業価値が、年間のキャッシュフローの何倍になるかを表したもので、買収を評価する指標の一つとして使われる。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)