銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

EPS(Earning Per Share) とは

EPS(1株当たり利益)とは、1株あたりの利益額で収益性を見る指標。株式市場が企業を評価する指標の1つ。以下の式で表される。 


EPS = 税引後当期利益 ÷ 発行済み株式数

 

利益として「税引後当期利益」を用いるのは、債権者に利息を返した後の利益を株主に分配すべきという考え方による。EPSによる企業評価は、株式交換によるM&Aの交換比率決定などにも使われる。日本企業でも近年は、経営目標や基本方針にEPSによって目標設定するところもある。

なお、EPSは1株当たりの指標のため、株式分割などによって大きく変化する。他社と比較する際も、発行株式数を考慮する必要がある。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

EPSとはEarnings Per Shareの略で、1株当たりの利益のことです。当期利益(当期純利益)を発行済株式総数で割って算出したものです。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

EPSとは、Earnings Per Shareの略で、1株あたり純利益を指す。
対象会社の当期純利益を同社の発行済株式総数で割った数値であり、自社株は分母から除かれているため、自社株買いを行うと値が上昇する。算式は下記である。

EPS = 当期純利益/発行済株数

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

Earnings Per Shareの略称で和訳は1株当たり利益。一株に対して最終的な当期利益(当期純利益)がいくらあるかを表す。
当期利益を発行株式数で割ったもの。

(出典 野村證券ホームページ)

 

英語表記「Earnings Per Share」の略で、「1株当たり利益」のこと。
株価をEPSで割ると株価収益率(PER)を求めることができます。これは、株価が収益の何倍まで買われているかを示す指標で、業界平均や過去の水準と比較して割高・割安を判断します。

(出典 大和証券ホームページ)

 

1株当たり利益1株当たり最終的にいくら利益があったかを表す。EPS(1株当たり利益)=当期純利益÷発行済み株式数業績の上方修正により予想EPSが前期比50%増と大幅に拡大することが見込まれているにもかかわらず、株価はまだ低水準のままとなっている。EPS(1株当たり利益)は、当期純利益を発行済み株式数で割って算出されます。会社の株価の割高・割安を判断するPER(株価収益率)の計算に使われ、現在や将来の株価が割高か割安かを判断する際の重要な指標となります。当期純利益が年々増えていけば(発行済み株式数が不変として)EPSは上昇、逆に利益が減少傾向にあれば低下し、株価に影響を与えることもあります。したがって、前期より今期、今期より来期とEPSの増加が見込める銘柄をいかに探すかがポイントとなります。ただし、決算期によって最終利益には特別利益を含む場合もありますので、このような一時的な要因を除外し、実質的にEPSが増えていることが重要となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)