銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

委託売買とは

証券会社等が投資家から委託を受けて(=受託)売買の執行を行う取引方法。

例えば、証券会社が投資家から売買注文を受けた場合には、証券会社自らが直接、売買の相手方とはならずに、金融商品取引所へ注文を取り次ぎ、取引を成立させることをいう。相対売買に対する言葉。

(出典 野村證券ホームページ)

 

証券会社が投資家から委託を受けて注文を執行する取引方法のことです。
証券会社が投資家から売買注文を受けた場合には、証券取引所へ注文を取り次ぎ、取引を成立させることをいいます。委託売買⇔相対売買

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

料金や手数料をもらって取引の仲介を行うことで、「ブローキング」「ブローカー業務」とも呼ばれます。
自己でリスクを取って売買を行う「自己売買」と対比されることが多いです。株式や債券などの有価証券については、投資家から受けた売買注文などを、流通市場や別の投資家につないで取引を成立させる業務を指します。
⇔自己売買

(出典 大和証券ホームページ)

 

証券会社や商品取引会社、ブローカーなどが投資家である顧客から委託を受けて売買の執行を行う取引方法を委託売買と言います。一定基準を満たした信用銘柄の株券が対象になり、ETF・債券・FX・商品先物などがあります。顧客から売買注文を受けた場合、証券会社自らが直接に売買相手とはならずに金融商品取引所へ注文を取り次ぎ成立させます。成立した時点で顧客から委託手数料が入る仕組みになっており、証券会社にとっては重要な収入源となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)