銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

板寄せ売買とは

証券取引所の売買成立方法の一つで、「売り呼び値」及び「買い呼び値」を一度に付け合せて、もっとも多く約定する値段を決めること。約定値段決定前の呼び値をすべて同時注文として扱い、売買システムの注文控え(板)に記載した上で付け合せるため「板寄せ方式」と呼ぶ。寄り付きの始値や証券取引所が必要と判断した場合の引けの終値決定時に加え、売買中断後の再開時、特別気配の表示時に用いられ、価格優先の原則に従って約定値段が決定される。

一方、寄り付きと引けとの間のザラ場では、一般的には「売り呼び値」と「買い呼び値」が一致するごとに、次々に売買取引が成立する。

(出典 野村證券ホームページ)

 

板寄せとは証券取引所の売買成立方法で、「板寄せ方式」ともいいます。相場が始まるときの始値を決める際などに使われますが、その時点で出されている注文をすべて「板」と呼ばれる注文控えに記載したうえで、まず成行注文を優先し、次に高い買い注文と安い売り注文を突き合わせて、数量的に合致する値段(約定価格)を決めていく方法です。これに対し、相場の取引時間中(ザラ場)に、気配値をもとにそのつど取引を成立させていく方法を「ザラ場寄せ」といいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

板寄せ売買とは、証券取引所においての売買成立方法のひとつで、売り呼び値と買い呼び値を一度に付け合せ、最も多く約定する値段を決定することをいいます。約定値段決定前の呼び値をすべて同時注文として扱い、売買システムの注文控え(板)に記載した上で付け合せるため「板寄せ方式」とも呼びます。寄り付きの始値や証券取引所が必要と判断したときの引けの終値決定時に加え、売買が中断し、再開した際に、特別気配の表示に用いられ、価格優先の原則に従って、約定値段が決定されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

取引所が提示した値段に対して、取引参加者の売り注文と買い注文を一斉に集め、売り注文数 と買い注文数が一致するまで、安い売り注文と高い買い注文から順次付け合わせていき、価格を上下させ、すべての注文を成立させる取引方式です。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)