銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

EBIT(Earnings Before Interest and Taxes)とは

EBITとはEarnings Before Interest and Taxesの略で、利払前・税引前利益を指します。企業が借り入れを行っている場合には支払利息が発生し、その分利益が減少してしまうので、借り入れによるコスト(支払利息等)の影響を除いた利益を見るためのものです。一般的に創業間もない企業は借り入れが多いため、その支払利息の影響で利益額が少なくなります。そこで、創業間もないベンチャー企業などの収益力を分析するときに、この借入コストの影響を除いた利益(EBIT)を用いるのです。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

EBIT(支払金利前税引前利益)とは、営業利益に、金利以外に発生する営業外損益を加えた利益額。 以下の式のように、税引前当期純利益にすでに引かれている支払利息を加えて戻し、すでに加えられている受取利息分を引き戻して求める。


EBIT = 税引前当期純利益 + 支払利息 - 受取利息

 

フリー・キャッシュフロー(FCF)はEBITを用いて、以下のように定義できる。

 

FCF = EBIT ×(1-実効税率)+ 減価償却費 - 投資 - 増加運転資本

 

ただし、増加運転資本(⊿WC)は、運転資本の前年度との差額とする。 創業間もないベンチャー企業や、大企業で事業部ごとの収益率を評価するときに、EBITがよく用いられる。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

Earnings Before Interest and Taxesの略称。経常利益に支払利息を加えて戻し、受取利息を差し引き求める。
設立後、間もない企業の収益力を測るためによく利用される。
利払い前の税引前当期利益のことである。

(出典 野村證券ホームページ)

 

EBIT(Earnings Before Interest and Taxes)とは、営業利益に金利以外に発生する営業外損益を加えた利益額です。活用方法は、他人資本を含む資本に対してどのくらいの付加価値をプラスして利益を出したかを判定することができます。利子負債額が大きい企業であるとか、設立して間もない企業に対して収益性を検討することができます。さらには、EBITは従業員の成果を金額で表すものとして活用し、人事において賞与の査定などに活用されることもあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)