銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

陰陽線とは

ローソク足の形状のことで、始値よりも終値が高い場合には白地で表し、陽線という。逆に、始値よりも終値が低い場合には黒地で表し、陰線という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ローソク足の形状のことで、始値よりも終値が高い場合には白地となり、陽線と呼ばれます。逆に、始値よりも終値が低い場合には黒地となり、陰線と呼ばれます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ) 

 

陰陽線とは、チャートにおけるロウソク足で安値で引けるか高値で引けるかを表すものです。始値よりも終値が高ければ、ロウソクの中は白く塗られる陽線となり、逆に安く終われば黒く塗られて陰線となります。ともに相場の強さを判断する目安のひとつとして利用されるものです。また、チャートにおいてこの陰陽線の集まりによる型から、今後の値動きの予測を立てることが可能となります。昔からの動きのパターンに照らし合わせて、陰陽線は売買判断に活用されるものとなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)